Thirsty Thirty

生活、ときどきオタク

ひとりとひとりの話

突然の告白ですがわたしは『シンメ』が好きです。元はジャニオタ用語だと思うんですけど、文字通り『シンメトリー』の略で対になる2人のことを指す言葉です。この『シンメ』ってすごく面白くて、個人的には『背中合わせ型シンメ』と『双子型シンメ』がいると思ってるんですね。前者は見た目とか顔つきとか性格とかが真逆で、後者はその反対で何もかもが似ている。何が言いたいかというとどっちも大好きだという、そういうところから今回のお題を少しずつ広げていきたいと思います。前振りが長い。

リアドリ内のコンビについて語ってほしいです!!

お題ありがとうございます、かわいいですよねコンビ。かわいいですよねリアドリ。2/5とすると10通りの組み合わせになるので、それぞれについて考えてみました。ちなみに高校時代数学が苦手すぎて留年しかけましたが確率と組み合わせだけは異常に得意でした。お察しの通り超文系です。

◆そーまくん&ミゾタク:しょっぱなからあんまり一緒にいるイメージのない二人が出てきて戸惑いました。あ、でもすごく好きなエピソード持ってました、噴水広場で『横並びになった時にメンバーと目が合うと嬉しくなってにこにこしちゃうそーまくんと”立ち位置ズレてる!”って思ってるミゾタク』ってやつです。なにそれ…かわいい…。いつ思い出してもかわいい…。個人的にミゾタクってリアドリの中で一番面倒見がいいと思っていて、それは芸歴に裏打ちされたものもあると思うけど元来の性格的なものもあると思うので、現場レポートとか裏話的なエピソードで『そーまくんに挨拶するように促す』のがだいたいミゾタクなところがめちゃくちゃ好きです。あとは、そーまくん自身もミゾタクのことを信頼してるんじゃないかなと思います。横並びになることも多いしね、そういうところがすごく奏と慎さま感がある。あ、あと一昨年の冬にやっていた舞台の『俺と世界は同じ場所にある』での2人がすごく好きでした。ちょっと粗野なそーまくんと、ちょっと箱入りなミゾタクっていう対比がとてもよかったです。また見たいな、あれ本当にいい舞台だった…。

◆そーまくん&トミー…逆にこの二人はしょっちゅう一緒にいるイメージ。家近いのかな?ってくらいいつも一緒にいるイメージ。笑 この二人の好きなところは、二人の組み合わせになった瞬間に素っぽさが出るところです。研究室とかラジオとか。ボケたがりのトミーと、その上を行く天然な発言でトミーさえも翻弄するそーまくんっていう組み合わせが面白くないわけないじゃんね…。本当、「クラスの後ろの方でけらけら笑ってる男子」を見てる感じがあってすごくかわいい。一緒にいる二人はどこか似てくるとよく言いますが、この二人に関してもそういうところがあるなと思います。すごい!と思ったのが、ちょっと前の研究室で何かご褒美あげますよーって河西さんが言った時に『やったー!』『よっしゃ!』という二言がぴたりと被ったこと。一緒にいる時間が長ければ長いほど言葉づかいとか見える風景が似てくるものだけど、そういうところも含めて一緒にいる時間が本当に長いんだろうなと思うところが好きなのと、トミーが時々そーまくんに対してお兄ちゃん的な目線を向けるところがめちゃくちゃいいなあと思います。具体的に言うとファンミ02の挨拶の時とか。

◆そーまくん&まさきくん(劇プレ組)…そーまくんがこの四人の中で一番付き合い長いのはまさきくんになるのかな。この二人は、いろんな意味で『共通した想い』が多い二人なんじゃないかな、と思います。特に今は劇プレから離れた仕事も多いし、それでも二人とも口をそろえて『劇プレの舞台にも出たい、劇プレの役に立ちたい』ってことをよく言っているところを見ると本当にそう思ってるんだなってのが分かるし、それはこの二人にしか分からないことでもあるのかなとも。いい悪いではなくて、『ホーム』が二つあるから故の困惑とか悩みとか、もしくはそこから派生する共感とかを持ってたりもするのかなあ、と。もしかするとそれは株ちゃんさんも同じかもしれないけどもね。あとこの二人はリアドリの中でも飛びぬけてカメラ好き!というイメージがあります。共通の趣味があって共通の想いがあるっていいなあ、大人になってからそういう人に出会えるのって本当にうらやましいなあ、と思います。あとまさきくんもそーまくんに対してよくお兄ちゃん感出してくるところがめちゃくちゃかわいいし好き…

◆そーまくん&かおるくん…個人的にはこの二人って、五人を横並びにした時に真逆のところにいる二人だなと何となく思っています。ちょっと前にもどこかに書いたことがある気がするんだけど、似てるけど割と真逆というかなんというか。けど、考え方というか仕事とかファンに向き合う時の考え方は似てるんじゃないかなと思います。リアドリ全員その辺りは共通の想いがあるんだろうなというのは見ていてよく分かるけど、なんていうのかな、この二人に関しては『根っこ』のところがすごく似てるんじゃないかな、ってラジオや色んな番組を見ていると思うことが多いんですよね。二人ともちょっと真摯すぎるほどに真面目なんだろうなってところとか、ひたすらに上を目指してる姿勢とか。ただそれが表に出る度合いの違いなんだろうな、と。なんというか、一番『男子が持つ独特の距離感』を持っているのがこの二人なんじゃないかなあとよく思います。似てないのに似てる、似てるのに似てない、ってところが。あとすっごく意外だったんですけどそーまくんがかおるくんのことを『かおるくん』って呼ぶことに驚いた…そうか……めちゃくちゃ意外だしそーまくん末っ子だったねそう言えば……

◆ミゾタク&トミー(リアル同級生)…めちゃくちゃに好きなエピソードが『高校の入学式にめっちゃ盛ってた(※『さかってた』ではない)トミーがミゾタクに”友達になろう”ってナンパしに行ったけどミゾタクは絶対に友達になりたくないと思った』っていうやつなんですよね……あのおしゃべりコノヤローを以てしても友達になりたくないって言わしめるトミー本当に一体どんな高校生だったんだろうな…笑 プライベートを知ってる同級生と同じユニットで、ずっと一緒の仕事をするってどんな気持ちなんだろう。それってものすごい確率だと思うしなかなかないことなんだろうけど、『俺らってスゲーよな!』ってのを出さないところがなんだかすごくこの二人っぽいなと思って笑ってしまいます。なんというか、悪い意味ではなく『一定の距離感』がきちんと保たれていて、けれどそれが不意に瓦解する瞬間があって。その瞬間、二人ともくしゃっと笑ってることがすごく多いような気がします。変な身内感とか古い友達だから~って感じを出さずに、あくまでも『今のお互い』に向き合ってるところが見ていてすごく気持ちいいな、好ましいな、と思うことが多い二人です。しかし同じ学年にこんな美しい男子が二人もいるとかどんな顔面高偏差値だよ……

◆ミゾタク&まさきくん(FROGS組)…FROGSといいつつ私はこの舞台を見ていないので何とも言えないんですけど笑、それからしても古い付き合いなんだなというのが二人の会話や空気感を見ていると端々から伝わってきます。その割には『二人でごはん行ったこと…あったっけ?』みたいな距離感があって。なんだろうな、もし同じクラスにいたら『隣の席になれば喋るし全然普通だけど、そうじゃなかったら別にあんまり一緒にいることもない』みたいな感じなのかな。えっこれ伝わる?あとこの二人は何と言ってもダンス!ちょっと前の記事でもチラッと書いたんですけど、二人ともダンスがめちゃくちゃ上手いけどそれぞれちょっとずつベクトルが違ってて、それが意外とお互いの刺激になってたりするのかなあとも思います。あとリアドリってゲラが多いというか、いっつもみんなげらげら笑ってるイメージが強いんだけど、この二人は特にゲラな気がする。笑 あと笑い方が似てるんですよね…笑う時に口元に手をやる感じ。なんとなくだけど、この二人が現場にいるのといないのじゃ空気というか雰囲気ががらっと変わるんだろうなあ、と思います。もちろんいい意味でね。

◆ミゾタク&かおるくん…ミゾタクがかおるくんに対してツンツンツンデレなところが見ていて本当にかわいいし本当に面白い。去年の行脚の時かな、かおるくんとミゾタクのペアのところで話してたらかおるくんが不意に『この子ツンデレなんですよ~』って言い出したことがあったので裏表なくツンデレなんだな…って思った記憶があります。ちなみにミゾタクは苦笑いしてました。かわいい。笑 その割にはこの二人って似てるなと感じることもしばしばあって、それは『DFに対する熱量』っていうのがすごく近いところにあるからなのかな、それが目に見えやすいところで近いように見えるからなのかな、と思います。仕事に、DFに対する向き合い方が似てるんじゃないかな、と。それでいて一番芸歴が長いミゾタクが一番短いかおるくんをさりげなくサポートするようなところが見え隠れしたりもしていて、けれどミゾタク自身もかおるくんを信頼してるように見えるところもたくさんあって。並ぶことも多いからってのもあるだろうけど『互いを信頼している感じ』がすごく強く見えるなあ、と思います。

◆トミー&かおるくん…この二人は、ミゾタクとの組み合わせとはまた違った感じで『同級生』感を出してくるところがすごく面白いなあと思います。そーまくんとトミーは似てるなと個人的に思うのでこの二人も割と真逆だなと思うことが多々あるんですけど、でもトミーが意外とかおるくんのことを気にかけてるのが見え隠れしてるところがとても好きです。なんていうんだろうな、多分だけどトミーはかおるくんのことを『認めて、尊敬してる』部分があるんだろうな、と。それでいて過剰に持ち上げたりももちろんせず、かおるくんもかおるくんで『仕事仲間』以前に『友達』として付き合ってるようなところがあって、なんていうんだろ、見てて一番ナチュラルな感じがします。これはどの組み合わせにも言えるけど、『似てないようで似てて、でもみんな決定的にどこか違う』ってところがあって、それがこの二人にはすごく強く出てるような気がするなあ。あとは二次元だとトミーがツッコミなのに三次元になるとかおるくんがツッコミに回るところがめちゃくちゃ好き……ボケにツッコミが追いついてない感じはするけどさ……笑

◆トミー&まさきくん…この二人もめちゃくちゃ仲いいよなあと見ていて思います。そーまくんと同じでカメラが趣味ってのもあるし、あとは二人ともオシャレが好きだし。もしディアドリとして、もしくは仕事仲間として出会ってなかったとしても自然と仲良くなってたんだろうなあ、と見ていて思うことがすごく多くて。もしこの二人がシンメだったとしたら双子型シンメなんだろうな、顔や姿かたちが似てるわけじゃないけど、何となく似てるニコイチ感がある。あと一番似てると思うのは包容力がありそうなところかなあ、二人ともすごく面倒見がいいんだろうなと思うことが多々あります。この二人ってボケにもツッコミにも回ることが多いからだと思うんだけど、どっちかがボケるとどっちかがツッコミになる役割が自然とできてるのがすごくかわいい……なんか、すごくリアルな男の子の会話を垣間見てるような感じがするのがとても好きです。あーいるよねこういう人たち、って感じの、『どこにでもいそうなナチュラル感』があるところ。いやしかしあんな顔面偏差値が高い二人がそこら辺にはいないことぐらいは知っている。

◆まさきくん&かおるくん(Wマサキ)…ちょっとこの二人の組み合わせについては冷静に語れない気がしますごめん。自分たちでも『Wマサキ』って名乗るし役どころ的にも対になることが多い二人だからか、リアドリの中でもコンビ扱いされることが一番多いですよね。Wマサキ本当にかわいいなあと思うんだけど、この二人のとても好きなところは『他人への気遣いが人一倍できる』ってところです。それを象徴してるなと思ったのがこの記事です。

kiki-voice.jp

『ナチュラルにスタッフさんのお手伝いをしていた』ってところが、ものすごくこの二人らしいなと思って。なんていうんだろ、すごく丁寧に、大切に育てられたんだなってのがめちゃくちゃ伝わってくるんですよね。そういう根っこのところが似てるからか、初期に比べてどんどん似てきたなって思うことがよくあります。見た目的には反対だけど背格好はどことなく似てて、でもどっちかがツンの時はどっちかがデレになってしかもそれが頻繁に入れ替わって、けれどたまにビックリするくらいのシンクロを見せてくれる。これ書きながらああ私自分でも思ってる以上にWマサキのこと好きなんだなって思ったんですけど笑、なんだろう、この二人は『DearDreamerを喜ばせたい、楽しませたい』って気持ちが人一倍強い人たちなんじゃないかなって思うのです。どっちかが何か企画するとしたら、まずは当たり前のように互いに声をかけるんだろうな、っていうような。リアドリみんなに言えることだけど、特にこの二人に関しては『最高に幸せな偶然の出会い』だったんだろうなあ、そんな奇跡に立ち合えた自分たちも幸せだなあ、と思わざるを得ない二人だなあと思います。

リアドリの好きなところは、どの二人の組み合わせになっても新しい化学反応がうまれるところです。新しい化学反応という名のParadeがうまれている。ちょっと自分でも何言ってるか分からないけど、そういうことが言いたいんです。気まずいとか仲悪いとかってのが少なくともファンの目に見えるところでは絶対に出さないし、誰かが別の方向を向いてるわけでもない。そういうところが、私がディアドリを愛してやまないし信頼せずにはいられないところです。

まさにこれなんですよね、本当にこれ。違う人が入っていたらまた違うディアドリが見られたのかもしれないけど、それは私たちが今見てるディアドリとは絶対に違う。だからこそ『今』がとても幸せなんだなあ、と思います。

結果的に今回も『ドリフェスは、ディアドリはいいぞ……』という結論になってしまったんですけど笑、こんな風にそれぞれの組み合わせについて長々書けるくらいにはあの五人が楽しそうなことがとにかくうれしいし楽しいんですよね。ありがどうディアドリ、ありがとうリアドリ……。そして楽しいお題ありがとうございました!!