読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thirsty Thirty

生活、ときどきオタク

事務所も次元も飛び越えて考えてみた話

こんばんは、ドキュメント72時間を見て自分の誕生日においおい泣いたわたしです(※金曜日の話です)。しかも題材が『小さなお葬式』という生まれてるんだかそうでないんだかっていうこの謎の組み合わせ。人生って面白いものですね(雑)さてそんなわけで今日もお題をいただきました、どうもありがとうございます!たくさんいただいているのでどんどん頭を使ってどんどん更新していきたいです!※勢いだけで喋っています

海さんは元ジャニヲタとブログで拝見しましたが、私も元ジャニヲタです。 そこで気になったのですが、DearDream、KUROFUNEのメンバーをジャニーズのメンバー(デビュー組)で例えるならそれぞれ誰かについて書いて欲しいです。

こんばんは元ジャニヲタです、そして元ジャニヲタさんこんばんはお題ありがとうございます。自分で言っといて何だけど自分の過去の趣味嗜好が全世界にばれてるの今さらながらめっちゃ面白いですね!さて、『メンバーで喩えるなら』という変化球をいただいてふむ…と考えてみました。これアレですよね、二次元の方のディアドリクロフネでいいんですよね…?違ってたらごめんなさいなんですが三次元を三次元で喩えるのはハードル高すぎるので二次元に設定させてください!

J事務所とD4プロの共通点ってたくさんあるし、多分JをモチーフにしてD4プロの設定を色々と決めてるんだろうな~とは思うんですが、だからなのか分からないけれど本当にどっちもいろんな人がいますよね。多種多様というか『顔がいい』という以外にいろんな人がいる、いい意味で『ピンからキリまで』いるというところがある種の共通点なのかな、と思っています。そんな中で喩えるというのはなかなかこう、立ち位置とかキャラクターとかを考えると難しいですね……!?パッとお題を拝見した時によっしゃ!と意気込んで見てみたはいいもののうんうん頭をひねる結果となりました。笑 そんなわけで今回も主観と個人的意見満載でお送りします。

奏…勝利くん(セクゾ)なんだろうな、自分で言っといて何なんですけど勝利くんと奏は絶対的に何かが違うんですよ…でも似てるんですよ……最初っから自分でちゃぶ台をひっくり返しに行ってるんですけど…笑 勝利くんはどっちかっていうと絶対的センター感があるんだけど奏は必ずしもそうではなくて、でも二人とも絶対にセンターが似合うってのは一緒で。なんとなく『彼が端にいるのがイメージつかない』ってのは二人とも同じだなと思うし、そして何と言っても『センターとして支えていきたいと思わせる何か』があるってのが一番の共通点なんじゃないかなと思います。勝利くんのことをよく知ってるわけじゃないのでイメージでしか喋ってないんですけど、そしてこれは奏というよりもそーまくんをかぶせてるところがあるとは思うんですけど、二人とも何となく『孤高』というようにも見えて。なんだろうな、そのままセンターに据えていたら、周りに追い越されていくのは分かってるのに足が動かない、というようなところもどこかあって。でも、だからこそ他のメンバーが背中をぐっと押すし、時に手を引っぱって行く。かと思えば、自分が誰かを引っ張っていく。その二面性というか、『陰と陽』のようなところがすごく似ているなあ、と思います。あと二人ともすごく赤が似合うよね……

慎さま…シゲ(NEWS)知的枠、もとい知的ボケ枠。シゲちゃんってどっちかというとボケというよりもツッコミというか『斜に構える枠』だと思ってるんですけど、むしろボケは彼の相方であるところの日テレアナウンサーもとい小山さんだと思うんですけど、でも他に知的枠が思いつかなかったんだごめんな…。ただ、この二人が似ていると思うのは『真面目一辺倒ではない』というところだと思っていて。シゲに比べると慎さまはもう少し柔らかいというかまっすぐだなあとは思うんですけど(シゲはある種のこじらせだと思ってるので…すみません…)それでも、なんというか、二人ともすごく『人間くさい』人なんですよね。素直で、真面目で、真面目が故に面白くて、それでいて自分の世界だけにこもらない人。そしてすごく仲間想いな人。そういうところで共通点が多いのかなあ、と思います。なんだろうなあ、あとはグループ内での精神的支柱みたいな役割もあるのかなあ、オカンみというか。意外とキーパーソンというか、グループにおいて特に欠かせない存在なんだろうなあ、と思います。

純哉…山田くん(HSJ)『カッコいいの!顔もきれいだしダンスもうまいし歌もうまいし、ザ・アイドル!って感じの人なの!でもなんかこう……2枚目になりきらないんだよね……2.5枚目っていうかさあ……』ってところがものすごい共通点しか見出せない……!!笑 二人ともツッコミなのと、なんだかんだ最終的に『でもやっぱりアイドルなのはこっちだよね~』って対になる相手がいるところが最高に共通点あり過ぎるなと思っています。ちゃんとした話で行くと笑、二人ともすごく『努力の人』なんですよね。山田くんもデビュー当時はセンターではなかったけれどそこからすごく努力して今の位置を勝ち取った人だなあと思っているし、純哉くんも『アイドルになること』だけを目標にしてそれ以外には脇目も振らずにひた走ってきた。だからこそ、多分彼らの根っこにある『覚悟』みたいなところがとてもよく似ているんだろうなあ、と思います。あと顔がかっこいい(語彙力)あれだよ…一般的に『ジャニ顔』というような甘いマスクってやつを持った人たちだよ……数年後にananでヌードになるよきっと……

いつき…長野くん(V6)お料理担当ってとこで選んだわけじゃないからね!違うからね!笑 いつきってどんな人だっけ、どんな性格を持ち合わせてるんだっけ、って考えた時に『穏やか』『でも踊ったらすごい』『いい意味でギャップが魅力になる人』というのを思いついて、それって誰かなあと思ったら長野くんだなあ、と思ったんです。歌もうまいし、ダンスもきれいだし、穏やかにニコニコ笑ってたかと思えばなんか時々突拍子もないことを言い出したりするところとかね。笑 あと二人に共通してるのが、慎さまと多少被るんですけど『グループにおける屋台骨』であるところかなあ、と思うのです。失礼なことを言うけれど、二人とも『絶対センター!』って感じはあんまりしなくて、でも彼が舞台上にいるのといないのとじゃ全然違う、全体の締まり方も違う、ってのがすごく似てるなと思っていて。うまく言えないんですけど、グループ内で『スパイス』であり『ベース』であるところがとっても似てるなと思っています。唯一違うとすればたぶんいつきの方が天然ボケなところがあるというところじゃないですかね!笑

チヅ…ヤス(関ジャニ)不思議ちゃん、可愛いキャラ、キラキラぽわぽわ、でもギャップでめちゃくちゃ魅せる人、というところがすごく似てるなと…思って…。ただ一つ違うとすれば多分チヅは『ガチ』なのでその辺りヤスとはちょっと違うかな、と思っています、ヤスは多少作ってるだろ!ってところあるので…笑 普段からニコニコ~ってしてるけれど、でもひとたび楽器を持ったりがっつり踊ったりするとまったく違う顔がのぞいて、その落差というかギャップがすごいのがこの二人なんじゃないかな、と思うのです。あとは、物事やグループのことを意外と俯瞰で見てるところ。自分の道を突きぬけて行ってるのも同じだけれど、でも『グループとして目指すべきはこっち』『彼はこういうタイプだから』という風に俯瞰的に見ているってところも似てるなあ、と思います。あと多分根っこのところがすごく似ていて、何となくどこかコンプレックスみたいなものを持ってそうだなあ、と。たとえばユヅとのわだかまりだったりとか。けれど、それをただ隠すんじゃなくてちゃんと向き合って、そして解決していこうっていう意思をちゃんと持ってるところがああ似てるなあ、と思うのです。

圭吾…ケント先輩(セクゾ)ケント先輩はわたしが勝手に呼んでるだけです。笑 いやこれは間違いなく彼でしょう……セクシーサンキュー…。『キャラ』かどうかは置いておいて、プリンスであるところはもはや兄弟か何かなのではないかというシンクロ具合だと思っています。プリンス同士仲良くなれそうな気がしていてフフッてなる。そしてこの二人のたまらなく愛おしいところはちょいちょいその仮面がぽろっと剥がれるところなんですよね…。なんだろう、そういう『人間味』みたいなものを見せられると一気に好きになるし、そういうアクシデントに遭遇した時に意外と慌てたり取り繕おうとしたりするところを見せられるともうダメです好き……ってなります。なんだろうな、チヅとはまた違ったベクトルでのギャップだなと思う。特に圭吾は、中身は意外に普通の男子高校生だな…ってのがいろんなところで見え隠れしていて、でもファンの前では『プリンス』であることを貫き通そうとしている。その境界線がすごく好きだなあ、好ましいなあ、と思っていて。なんかかわいくないですか!?かわいいっていうか愛おしくないですか!?えっ、かわいい……(再確認)あと同じプリンスキャラでも圭吾は手越にはなりきれなさそうだな!と思います。笑

勇人…TOKIO兄さん(TOKIO)いよいよ最終的にグループに喩えやがったよこの人。違うんです話を聞いてください、まず『楽器』というところで兄さんたちが浮かんだんです…そしてそこから『アイドルっぽくない…似てる…』『意外なギャップ(アイドルなのに農業する/ロッカーなのにうさぎが好き)がある…似てる…』と共通点を見出してしまったんです……似てない…??私が勇人さんを好きなところって、『自分の好きなものにはまっしぐらだけどそれ以外は意外とポンコツだしボケかましてくる、あと結構ノリがいい』ってところなんですよね、あくまでも主観です。笑 なんだろう、見た目がいかついし言葉も少ないから勘違いされやすいだけで、実は意外と親しみやすくていい人なんじゃないだろうか…やだ…TOKIOじゃん……!!(※論理の飛躍)そもそももうおばあちゃんのことを普通にメディアで話題に出す時点でものすごく好感度高いですもんね、『いい子じゃん…』ってなっちゃう。ギターを農具に持ち替えてみたら意外と似合ってたり釣りさせたら結構釣れちゃったりしてほしい…個人的に勇人さんは来た仕事を断らないしちゃんとやる、という夢を見ているのでめっちゃがんばって水路とか作ってほしい…肉体労働して二の腕がパンパンになっていく勇人さん見たい……

なんか最終的に『共通点』とか『喩え』ってよりも『こういうところが似てる気がする』という喩えの羅列になっちゃったんですけど笑、この記事を書いてて面白かったのは『二次元が三次元にいたらこんな感じかな、こんな立ち位置になるのかなかな』ってのをたくさん想像できたところです。それができるとああいう番組に出てほしい、こんなバラエティを見たい、っていう妄想が一気にぶわわってふくらむんですよね…!これを書いていたら今すぐDASHに出てほしいと思うようになりました。笑 考えるのめちゃくちゃ楽しかったです、おもしろいお題をどうもありがとうございました!