Thirsty Thirty

生活、ときどきオタク

アニサマの思い出話

気がつけば9月ですね、夏が終わるなんて信じてないぞこんばんはわたしです。平成最後の夏なんて言われていましたが夏らしいことなんてしなかったわ…と思ったんだけど最後に最高の思い出ができました。そう、アニメロサマーライブ2018"OK!"です。1週間前のことなんですけどさも昨日見てきたかのように感想を書いています。

正直な話をすると、わたしはとても怖かったです。それは、約2年前のANIMAX MUSIXを見ているから。あの時は全然心配してなかったしむしろ1期が絶賛放送中でそれなりに知名度もあるっしょ!イケるっしょ!と思っていたから、そこにいる観客だってドリフェスのことちょっとくらいは知ってるでしょ、と思っていました。けれど実際は全然そんなことなくて、それは本人たちにも伝わっていたみたいで、その後のインタビューであれが転機になったとも言っていたし泣きそうな表情の映像もOAされていた。結果的にはいい方向に転がったんだろうなあとは思うけれど、その記憶があったから、こういうフェス的なライブにはやっぱり『怖さ』がありました。
まして、今回は3万人の会場。DDerがたくさん来ていることも知っていたし、あの頃からすれば知名度だって上がっただろうとは思っていたけれど、でも舞台は夏のアニソンの祭典。本当に、ただの一介のファンが思うことでもないと思うけど、AMのことが思い出されるとどこかハラハラするというか落ち着かないところがありました。

けれど、今回は全然そんなことなかった。やっぱり周りは男の人が多くて、明らかに女性声優さんのファンだと分かる人もいたし、分かりやすくAqoursのファンが多かったし、久しぶりに男性の比率の多いライブに来たなあと思ったけれどそれを迎え入れてくれる空気感みたいなものがすごく漂っていて、とても『気持ちのいい』ライブだと感じました。逆に、自分もAMの何十倍も楽しめた。本当に申し訳ないくらい知らない方ばっかりだったのだけど、構成の妙だろうか、ずっと楽しかったんですよね。この曲いいなと思う曲にもたくさん出会ったし(亜咲花ちゃんの曲すごく好きです)、初見なのに飛び跳ねるくらい乗れた曲もあったし(ポピパとオルドコがあまりにも楽しすぎた)、WUGちゃんパートではめちゃくちゃ泣いたし…(これはちょっと思い入れが違いすぎた…嗚咽…)
個人的にすごく嬉しかったというか『新しい!!』って思ったのがクラップの文化で、知らない曲でもある程度アップテンポの曲だとAメロでクラップして盛り上げる人が多くて、それで加速していく感じがしたのがものすごくテンション上がったんだよな~~!ユメノコドウの時、後ろのお兄さん(あくあファンだと思われる)がAメロでずっとクラップしていてめちゃくちゃテンション上がったし、終わった後に彼女と「好きになりそう」って言ってたの聞いて「でしょーーー!??!好きになってください!!」って思いましたありがとうお兄さん。

そして我らがDearDream、割と早い段階で出てきてくれたのはとてもありがたかった(体力残的な話)事前予想ではこんなこと言ってたんですけど↓

GT以外当たってた~やった~!どちらもすごく『名刺』みたいな曲だなあとしみじみ思いました。何が良いってどちらもアニメのOPで、1期もRもYoutubeで1話無料公開してるからちょっとでも興味を持った人が1話を見たら「あっあの曲だ!」って結びつきやすいところだと思う、これは戦略勝ちですわ…いいぞいいぞ…!!
プレフラもユメノコドウも、サビでコール入れられるのがいいですよね。特にユメノコドウは『青春だ!』『イケるっしょ!』はあらかじめ知らないと入れられないかもしれないけど『GO!!!!!』は初見でも行けるので2番から初見っぽい人たちが飛び上がってたのはすごく嬉しかったなーー!分かってくれますか…いい曲でしょこれ……って自慢したくなるような気持ちでした。

そして何に一番ブチ上がったかってトロッコね……!!!本人たちもはじめて、もちろん見る側もはじめてのトロッコに乗った瞬間本当に涙が出ました。この日の公演の中で初めて出現したトロッコにDD5人が乗ってるというその奇跡……残念ながら自分たちの座ってる席辺りまでは来なかったんだけど、けれどあの『見て!!?トロッコ乗ってる!!』って気付いたときのあの飛び上がるぐらい嬉しかった気持ちを経験できて良かったなあとすごく思います。本当に嬉しかったんだ……!
そのトロッコがアリーナのちょうど真ん中の辺りでドッキングして簡易的なステージみたいになって、そこでユメノコドウのサビを踊る後ろ姿をずっと見ていたんだけど、嘘も誇張もなく涙が出ました。すごく大きく、頼もしく、自身に満ちあふれた背中が5つ並んでいて、トロッコが揺れるくらいに大きく踊って、歌って、跳ねて。普段後ろ側から見ることなんてないじゃないですか。だから、ああ、この人達こんなに大きくなったんだなあ、と思ったのです。遠くに行って悲しいとか近くで見れなくて悔しいとかそんなことは一つも思わなかったし、本当にこの人達のことを好きになってよかったなあ、とあのアップテンポの明るい曲を聞きながら涙がこぼれた。とても誇らしい気持ちでした。

話は前後しますがユメノコドウ前に自己紹介MCがあって、その名乗りでメンバーカラーを言ったら会場がその色にどんどん変わっていくのが見ていてすごくキレイだったし手慣れてる~!!って感動しました。笑 あとね!!!!!あの3万人の前で『この~木なんの木~?』ってやったまさきまる本当にすごいよ!!!

なんて言ってたんだけどまさかやってくれるとは夢にも思わなかったから彼がやりたいと言い出した時は本当にあの日一番じゃないか?ってくらいテンション上がりましたありがとう…本当にありがとう……
しかし何が面白かったって、『片桐いつき~!!!!!』って言う方も言われる方もそれで満足して本人の名前言い忘れるってとこね!!わたしあの日公演が終わった後友達に「ねえ…あの子今日自分の名前言った…?わたしが聞き逃してるだけ…?」と心配になって聞いたんだけどまさか本当に言い忘れてるとは思わなくてめちゃくちゃ笑いました、ありがとうまさきまる…。

終わった後『DearDream良かった!』というツイートがたくさんあふれたのもすごく嬉しかったなあ。もちろん冷やかしっぽいツイートもあったけど、『知らないけど最高だった』とか『あの子が気になった』とかいうツイートがたくさんあったのが本当にうれしかった。比べちゃいけないと分かっていても、AMの時からしたら考えられないくらい、信じられないくらいの数あったのが本当にウソみたいで、たった2年でこんなに進化したんだよ!って自慢したいくらいでした。
あとすごいなあって思ったのが、AMのときも『薄紫のファンになるわ』みたいなツイートがたくさんあったんだけど今回もたくさんあったことな!!ああいうところでかおるくんの本領が発揮されると強いんだな~!ってのを実感させられるね…でも分かるよ今回400レベルに向けてもファンサしてたってツイートを見て(わかる…)ってなったくらいだもん…分かるとしか言いようがない……笑

そんなわけで、長々と書いてきましたがとにかくアニサマ楽しかった!お疲れさま!という記事でした。願わくば来年も、再来年も、DearDramの名前が続く限り何回も出てほしいなー!あと絶対KUROFUNEにも出てほしい!絶対男性ファンいっぱい獲得できるから!!

おまけ↓

DAIをまさか生で見れる日が来るなんてね……