Thirsty Thirty

生活、ときどきオタク

『女性向け』とグッズとアパレルの話

大変寒くなりましたね、こんばんはわたしです。気がつけば11月は終わっているし12月も1/3終わっているし、こんなはずじゃなかったんだよ平成最後の秋。武道館の感想はメビレくらいまでしか書いてないのに6000文字くらいになったので途方に暮れています。年末年始の課題にします。ちゃんと振り返っておきたいんだ……そしたらきっと未来のわたしが喜ぶから…

さて、話は変わりますが11月の半ばにこんなことを考えていました。

『そういうアパレル』とは推しの顔がバーン!と分かる形でデザインされたもののことを指しています。具体的にいうとこういうやつ(※曜ちゃんなのはただの趣味です)
ここで書いていた通りわたしは普段からグッズを持ち歩かない・使わない人間なのですが、一方で周りを見ればひと目見て『ああ、○○(ジャンル)のグッズだな』と分かるものを使っている人もいる。そこに男女差はあるのか?もしくは男女向けのジャンルの問題か?といろいろ考えてアンケート取ってみよ~!と思い至りました。相変わらずくだらないことばかり考えている。そんなわけでここから約9000字お付き合いください!
※本アンケートは非公式かつ趣味で行っているものです。個人の意見が多分に含まれておりますが特定の人やジャンル等を非難、誹謗する意図はありません。また生ログの提示もできませんので予めご了承ください。

1.性別

f:id:me_my_life:20181209122724p:plain

アンケートを募ったアカウントがアカウントなのでこのような結果になりました。これ男性の意見が入っていたらまたちょっと変わったのかなと思う。

2.好きなジャンル

f:id:me_my_life:20181209122900p:plain

もうちょっとうまく定義しておけばよかったなあと思うんですが、ここでいう『男性向け』とは例えばラブライブ、バンドリ、けいおんなどの『女性が主役である』もの、『女性向け』とはドリフェスうたプリ、刀などの『男性が主役である』ものと一旦定義します。
比率だけで見るとわりと男性向けジャンルにいる方って少ないんだなあとパッと思いました。ラ!の現場とか体感2.5割くらい女子だと思ってたんだけど意外とそうでもないのかな…

3.2次元キャラクターのグッズを外に見える状態でつけられるか

f:id:me_my_life:20181209123442p:plain

えっこんな少ないの!?と感じました。わたしは外に出して持てない派なのですが、それこそドの現場や他の色んなイベントでも体感的に何かしら1つは付いている人を見かける気がしていたのでマイノリティかと思ってたんですがそうではないようだ…。
これ、『どう付けるか』はわりとバリエーションある気がします。カバンに1コだけついてる人もいれば、古のガラケーのようにスマホにガッツリついてる人もいたり、あと痛バほどではないけど持ち物にいくつかグッズがついてる、って人もいたりするので幅はあるんだろうなあと。これは後の質問とかけ合わせて見てみると分かるかも。

4.2次元キャラの痛バを持てるか

f:id:me_my_life:20181209124000p:plain

この数字、わりと信憑性あるのではないか…?と思った質問。わたしが3で感じた『みんな結構グッズつけてない?』と感じたのは『イベント』などのいわゆる『現場』で見るからなのだなあ、確かにそれ以外の、例えば普通に遊ぼう~とかコラボカフェ行こう~レベルの現場であればその比率ってぐっと下がるなと思います。コラボカフェは割とイベント寄りだと思うけど。

ちなみに『グッズを外に出した状態で持てない』と答えた方が83人いた中で、『痛バを持てる』と答えた方は24名。3割が『普段は持たないけどイベントの時には持てる』ということで、これも面白い数字だなあと思いました。イベントや現場ってひとつの儀式のようなものだし、それに向かってメイクする、ドレスアップするっていうのと同列に『持ち物をショーアップする』というのも1つの方法なのかもしれないなあと感じます。あとね~~すごく個人的かつクソみたいな意見で申し訳ないんだけど痛バやグッズを持ってる人にはトレードのとき声をかけやすいんだ…ド以前のジャンルの時にとてもお世話になっていました…。本来の意味としての『推しの主張』という点においてはグッズってとてつもなく強い効果を発揮しますよね。
一方で、『いつも持たないしイベントのときにも持たない』というのも分かる。わたしもそのタイプで、わたしはただ単純に『イベント用に痛バ作ったりグッズを引っ張り出してきて装備するのがめんどくさい』ってだけなんですけど(…)まあそういう方も2割くらいはいるんじゃないかと思っています(…)あとはポリシー的に持たない人も多いんだろうなあと思う、これはあくまでも自分が付き合ってきた友人のデータに基づく論説ですが『オタクになったのが遅い』もしくは『二次元を好きになったのが遅い(少なくとも10代後半になってから)』という人はそういうグッズを避ける、あるいは極端に許容するという傾向にある気がします。わたしの友人たちにはそういう人たちが多く、自分自身も大学に入る頃に自分はオタクなんだなと認識したのでグッズを避ける傾向にあります(買うけどしまいこんじゃう)

5.3次元キャストのグッズをつけられるか

f:id:me_my_life:20181209130048p:plain

『持てない』が約6ポイント増。個人的には『グッズ』という括りになると2次元も3次元もあんまり関係なくない?と思っていたのでこの結果は少し意外でした。大枠で言ってしまえばグッズを持つか持たないかみたいなところだと思っていたので…ちょっと何言ってるのかよく分かんないけど…。
ちなみに『2次元グッズを持てる』と答えた方が37人いる中で『3次元キャストは持てない』と答えた方が18人、約半数の人が『2次元のものは持てるが3次元のものは外に出して持てない』という結果になりました。逆に『2次元は持てないけど3次元ものは外に出して持てる』という人は11名で、比率ではなくこの数字だけ見ると『2次元のグッズを持ち歩く人が多い=心理的ハードルが低い』ということも言えるのかなと思います。

話は変わりますが某48Gはひとりひとりのアイドルを『キャラ』として扱ってるフシがあるなあとなんとなく思っていて、もちろん公式が二次元キャラにするということもあるけど(ex.ぱちんこAKB)3次元の本人たちのものでも躊躇なくグッズにするなあと見ていて感じます。たとえばこんなのとか。難しいな、『キャラ』として扱ってるということなの?と聞かれるとうまく言えないんだけど、個人の顔がグッズになることがすごく多い。タオルとかキーホルダーとか、あとはマグカップとか。とは言えあの界隈はすごく独自文化が発達してるよなあと元いた身からすると思うし(未だにハチマキやハッピがいる、割といる)それを割とファン側も許容しているように見えるので外野がとやかく言うことではないけどな!ただ『推しタオル』なる、アイドルの顔がプリントされたハンドタオルをもらった時は(いらねえ……)ってなったしもうどこ行ったか分からないですね…
ただ面白いのはじゃあ上みたいなパーカーが例えば某J事務所や某LDHから女性向けアパレルとして出るかと聞かれたら絶対出ないだろうな…と容易に想像がつくところです、いや待て、LDHは分からない…出るかもしれない…(たぶん出ない)これは後述のアパレルの設問にもつながるけど、女性はこういうの着ないだろうなというのがこれほど容易に想像付くアパレルもなかなか見ないのではないだろうか。一方で公式も知恵は絞っているらしく、一昨年頃に謎にロゴとボタニカル柄(当時の流行)を組み合わせた女優帽みたいなハットをサイズ・カラー的に女性向けに出したはいいものの全く売れなかった、しまいには投げ売りしていたという過去もあります。まあ…同じ金額かけるなら別にAKBのロゴの入ってるものを選ばん女子のほうが多いやろな…と思って見ていたところ『このグッズ本当にださいよね』とツイートした強いアイドルがいたんですよね、こじまはるなさんっていうんですけど(大好き)

6.3次元キャストの痛バを持てるか

f:id:me_my_life:20181209130802p:plain

これも5の設問に比例して同じくらい減っています。2次元3次元問わず恒常的に持っている人はいないというのは置いといて(ですよねーという感想しか出てこなかったため)この設問で『持てる』と答えた人(総数36)の中で『2次元の痛バは持てない』という人は4名で、つまり残りの9割は2次元のものも3次元のものも持てるということなんですよね。もちろん『2次元と3次元のどちらかだけ』とは限らないし、特にミュージカル系、2.5次元モノ系などで言えば『2次元の推しと3次元でそれを演じている推し』を混在させて持っている方も多いんじゃないかなと思う。

ところでちょっと話は変わるんですが、いわゆる2.5~3次元のものってどっちに振りたいか分からないグッズ多くないですか、わたしの気のせいですか。たとえば個人ブロマイド(個ブロ)トレーディングブロマイド(トレブロ)はどちらかというと『見せる』ものではなくて『コレクションする』もの。ドでいうとドリカも比較的その性質が強いものだと思います、後期ドリカポーチを売らなくなったのはなぜなんだ…って思ったけど。それらは『コンプリート』を目的として買う人もいるし、逆にわたしみたいにとりあえず推しだけ集まればいいや~って人もいて、ただ最終的には自分の家のアルバムに収まるじゃないですか。それは分かる、めっちゃ分かります。アルバムばっか増えていく。
一方で例えば缶バッジ、アクリルキーホルダー(アクキー)、アクリルスタンド(アクスタ)という紙モノではなくいわゆる立体モノって、アクスタ以外って何を前提にして作ってるんだろうと思うのです。アクスタは今流行ってるし、どちらかというと家の中に飾るものなんだなって想像が付くけど(でも持ち歩いて一緒に写真撮るのもかわいいよね、自分は折りそうだからやらないけどそういう写真見てかわいい~!と思う)特に缶バッジはどっちなんだろう…と思うんですよね。持って歩くもの?それこそ痛バ需要を見越して?とは言え缶バッジって割と昔からあるグッズ(これは2次元3次元問わずだけど)だとは思うんだけど、なんだろうあれもコンプリート欲を満たすためのものなのだろうか…。

更にそれがトレーディングになるともうイーーーー!!!ってなる。わたしは博打を打たないタイプなので確実に推しが買える!と分からないものにはあまり手を出さないようにしてるのですが(信じられないくらい課金するから)買って買って推しが出なかった時のあの虚無感って他に例えようがなくないですか……。これ書いてて自分でもなんでかなと思ったんだけど、トレブロだとまだなんとなく納得感がある…というより、まだ仕方ないかって諦めがつく。一方でバッジなどの立体モノは虚無感がすごい。それって、本当にそうとしか思いつかないんだけどわたしにとっては『立体的か否か』なんですよね。
前述の通りわたしはグッズを買ってもしまいこんじゃうタイプなのですが、そこに『トレーディングできなかった、推しではない誰かのグッズ』が加わるわけです。それが箱推ししてるグループの他のメンバーとかだったらまだ分かる。分かるというか溜飲が下がる。でもまったく関係のない、名前すら知らなかった人のグッズをどうしろと…ってなるわけです。舞台の共演者ならまだいいとしてもアンサンブルさんのものが手元にあってもさあ…ってなる。アンサンブルのはいらないのか!全員で一緒に舞台作ってる仲間だろ!っていう言葉も、まあ分からんでもない。だったらトレーディングじゃなくて普通に出せや。トレーディングにしなきゃいいやん、ってなる。結局バクチ性を打ち出して、なおかつサイン入りなんかのレア性も打ち出して売上を立てようとしてるだけやんけ~~~!!ってなってこれ書きながらイライラしてしまった、取り乱しましたすみません。私怨がひでえ。

まあただ、これって別に立体か否か、もしくは2.5か否かにはあんまり関係ないんですよね。今のオタク向けマーケットの潮流自体がそういう向きになってるんだろうなあと思う。なんなら2次元グッズの方がまだ良心的じゃない…?って思うことの方が多い気もするんだよね…あと『トレーディング』という名を冠して売り出すならトレーディングエリアは作れ、そして会場内のトレーディング禁止すな。もちろん邪魔にならない場所で人に迷惑かけないことが大前提としても、とある舞台で見た『会場内でのトレーディングは一切禁止、開けた瞬間スタッフに監視される』ってのはどう考えてもおかしいでしょ…そっちがトレーディングモノ売ってんのにさ…。

7.キャラクターアパレルについて

f:id:me_my_life:20181209183403p:plain

実はこのアンケートを取ろうと思ったきっかけがこれだったんですよね↓

いわゆる女性向けジャンルで顔バーン!全身図バーーン!みたいなアパレルってあんまり出ないなと思ってて、でもそれって男性向けジャンル(ちなみにこの時はサ!のドームライブに行く人達を見ていた)では割とグッズとしてメジャーだしファンも着てる人多いし、その差ってなんだろうなと思ったことからこのアンケート取ってみようという考えに至りました。考えてみれば比較的男現場だと感じたアニサマでもそういうアパレルを着てる人多かったなあって思ったんですよね。あとイベントでなくても、わりと秋葉原歩いてるとそういう人は定期的に見る。

で、ある種想像通りだなと思ったんですが9割の女性は『着ない・着れない』と答えている一方で1割の人は『着る・着れる』んですよね。これが多いのか少ないのかはモノサシがないので断言はできないのと、「たとえばこういうもの」って例を挙げなかったから着れるという人の中でも差があるんじゃないかなとは思うんだけど、それでも一定数はいるんだ…!と驚きました。否定するとかではなく、イベントごとの時なら着る!着れる!って人はいるだろうなあと思うからこれはまた信憑性ある数字かなと思います。わたしが知らないだけで女性向けマーケットですでに出てるかもしれないし。
ただこの9割という数字をメーカーというか版元も理解しているのか分からないけど、女性向けアパレルにそういった商品って滅多にないですよね。だからもしかすると『そういうものが出れば着れる』人もいるかもしれないなとは思う。女性向けジャンルでそういうアパレルが出たのって1つしか知らないから…GSっていうんですけど…あと仲のいい友人がイベントの時に元気いっぱいそれを着てて爆笑した後いっそ尊敬したことあるんですけど…スタイルがいいのと他の服との組み合わせが絶妙だったんだ…

8.非キャラクターアパレルについて

f:id:me_my_life:20181209185559p:plain

これもある程度想像に違わない数字だったなあと思うんだけど、一方で『着ない・着れない』と答えてる人が想像以上に多かったことに驚きました。わたしはこっちは着れるタイプの人間ですがもったいなくてなんとなく着れない(やっぱりしまいこんじゃう)
あとこれ難しいな!?って思うのは書いてある文字が日本語かどうかって大きくない?!すごいピンポイントな話だけどドのファンミ02Tは日常的に着れるけどユメノコドウツアーT黒(胸に『ユメノコドウ』って書いてあるやつ)は着れない…なぜならパッと見で読めてしまうから…(カバンに付けてたハンサム2017のバッジを親に音読されたトラウマ)ただツアーTっていろんなアーティストが出してるからわりと市民権を得ているものなのかなとも思います。でも自分が駅とかでツアーTっぽいものを着てる人を見ると文字を読もうとしてしまうから周りからしてもそうなんだろうなと思う。わたしはファッションセンスが悲しいくらい皆無なので下手に着れない(悲しい)

ちなみに面白いなと思ったのは、『キャラアパレルを着れる』という人は全員『ロゴアパレルを着れる』と答えていて、一方で『ロゴアパレルを着れない』という人は全員『キャラアパレルを着れない』と答えていました。どちらも分かる。さらに『キャラアパレルを着れる』という人の9割は『二次元グッズを外に出した状態で持てる』と答えていたのもあったので、なるほどそういう部分においてのハードルはアパレルもグッズもニアリーイコールなんじゃないかな?と思います。

9.2次元グッズin室内

f:id:me_my_life:20181209190326p:plain

敢えて『部屋』のタイプを限定はしなかったのですが(一人暮らし、実家、同居人の有無など)『飾れるし飾っている』という7割の人はある程度『個人の部屋』を持っているのではないかと推測されますね。もちろん共有スペースに飾れる、飾っているという人もいると思いますが。あと『飾れるジャンルとそうでないジャンル』があるのも正直あると思う。
そしてこれもあくまでも推測だけど、『飾れるが飾っていない』という理由には『心理的要因』と『物理的要因』があるのではないかと思います。前者は家族の目、同居人の目、もしくは一人暮らしであってもそういうグッズを飾るのには抵抗がある、というところ。後者でいうと圧倒的に多い理由が『飾るスペースがない』というところがあるのではないかなと思います。もちろん工夫すればそんなの作り出せるわよ!というDIY精神あふれるオタクの人もいると思うけど、わたしもそうだったんですが収納が壊滅的にできなかったりそれこそセンスがないと難しいかなと思うのですよね…。以前住んでた家がよく都内にありがちな6畳1Kのマンションだったんだけど意外とモノ置けなくて、2つ並べたブックシェルフの化粧板くらいしか置くとこなかったんだけど結局そこにラジカセとコスメ関係全部置いたらほか何も置けなくなるっていう。もちろん棚にはCDと本がパンパンなので…とここまで書いといてなんですがグッズ云々ではなくそれはわたしが片付け下手なだけだったのではなかろうか。

ちなみに『2次元グッズを持てる・持ち歩ける』と答えた方の約8割が『部屋にグッズを飾れるし飾っている』という回答で残り2割の方も『飾れるけど飾っていない』だったので、恒常的にグッズを持てる人は『グッズを常に目に入れたい、身につけておきたい、近くに置いておきたい』という意識が強いのかなと思いました。あんまり2次元と3次元の境目はなさそうな気がするけども。あと『飾りたくないが飾っている』という方はさすがにいなくてちょっとホッとしたというかなんというか…もしいらっしゃったらちょっと詳しく話を聞いてみたかった感はある…笑 そして『飾りたくないし飾っていない』と答えた方はごく少数でしたがすべて『2次元グッズは持ち歩かない、痛バも持たない』という答えだったのも納得感がある。また、『そもそもグッズを持っていない』という人もごく少数でしたがいらっしゃいました。どのジャンルにいるかにもよって変わってくるとは思うけど、中の人先行だと2次元側のグッズをほしいと思わない・自分から積極的には買わないという人もいると思うのでこれも分かる。自分も比較的この2分類に近い考えなのでその辺りもうちょっと詳しく掘り下げたら面白いかもなあと思いました。

10.3次元グッズin室内

f:id:me_my_life:20181209202158p:plain

『飾れるし飾っている』が約9ポイント減、比例するようにして『飾れるが飾っていない』が約8ポイント増になっていて、やや3次元グッズを飾るには抵抗がある人が多いのかな?という感想を持ちました。個人的には2次元よりも3次元のものを飾るほうがどちらかといえば抵抗がなくて、それってなんでかなと思った時に『元ジャニオタだったから』というところじゃないかなというところに思い当たったんですよね。それこそ実家の自分の部屋にポスター貼ったり、雑誌の切り抜きをペタペタ手帳に貼ってたりしたので(※年代がバレる発言)あんまり抵抗がなかったというかなつかしいな~くらいの感覚が合ったのではないかと思う。
一方で『生身の人間だから』という理由で敬遠されてるのかなあというのも予想していました。身も蓋もないことを言うと、『実際にそこにいるかもしれない人をグッズ化したものを付けて歩くの…?』と思われることを是とするか非とするかみたいな話なんじゃなかろうかと…えっこれ表現するの難しいな…。グッズにしてしまう、『印刷された立体物』にしてしまうのって、ある種その対象となる人をキャラ化してるんじゃないだろうかと思っていて、それって別に良いとか悪いとかではなくて、そこに違和感があるかどうかで持てるか持てないか、部屋に飾れるか否か、というのが人によって変わってくるんじゃないだろうかと思います。うーーん、これ本当にうまく言えないんだけどじゃあウチワはどっち!?みたいな話になりそう。ちなみにウチワは個人的には立体物です。

あとこれ、2次元にも3次元にも言えるんだけど『推している対象』ではなくて『自分の年齢と立ち位置』がそれをできるかできないかの境目になっているような気がします。今回はその辺りを知りたかったわけではないので敢えて選択肢からは外しましたが。わたしでいうと成人してまあまあいい年月経っていて、ともすれば『まだそういうオタク的なことやってんの?』と言われてもおかしくはない年齢なんですよね、でも別に部屋くらいいいじゃん?という気概でアクスタ置いたりいっちゃんぬい置いたりしている。どうせ今家に来るのはオタク趣味を介して知り合った友達ばかりなので(悲しい事実)
逆に言うと、同じ年齢で例えば結婚していて子供がいるとしたら同じことは絶対にできない。オタク趣味をパートナーにどこまでさらけ出せるかというのもあるけど、自分だったらあんまりさらけ出したくないしそこまでして飾りたいとは思わないので、もし結婚したとして相手がオタク趣味にあんまり興味のない人だったらスパッと部屋から片付けるだろうなあというのも分かります。でもこれってまじで2次元も3次元も関係ない気がする、個人の考えと資質…というか素地?の問題な気がする。

話はそれるけど、これに近しいのって『携帯の待受を推しにできるか否か』だと思う。携帯も自分の部屋も限りなくプライベートに近い空間で、そこをどういう風にデコレーションするかは個人の自由、という共通点がある中でそうするかしないか、みたいな。ちなみにわたしは『推しの顔が映っていない写真なら待受にできる』というクソめんどくさいオタクです(…)ガラケーの時はその時の自担(※ジャニオタ用語でいうところの推し)のイメージカラーにモチーフマークとイニシャルを入れた待受を自分で作っていました。悲しい過去。『好きなものを身近に置いておきたい!でも万人が見て一発で分かるのは嫌だし困る!』というこのニーズ、もっと販売元やメーカーは汲み取ってくれてもいいと思うんだ……まあ何したって分かる人には分かるんですけどね!ユメノコドウツアーのファーチェーンなんかいい例だよ!あれは良いグッズだった、ハート型じゃなければ100点満点中590万点だった。

総括して、『どういうオタクであるか』と『その人が仕事や社会においてどのような役割であるか』によって多少なりとも変わってくるのかな、とアンケートの回答を見ながら思っていました。あと、身も蓋もない事を言ってしまえば『オタクである自分を良しとするかどうか』。
わたしは2次元も3次元も緩やかに推してる(つもり)のオタクですが、後悔はしてないけどそれを決して100%良しともしてないので大手を振ってオタクです!とは言わないし、それに比例する形で2次元3次元問わずグッズも持ち歩かない。元々コンプ欲がそこまで高い方ではないというのもあるけどグッズにはこだわりはなく、ドにハマるまで家にグッズを見える形で置いておくなんて絶対無理!というタイプのめんどくさいオタクだったんですよね。だったのにラ!の推しキャラのフィギュアをもらった時はまじで困ったしなんなら呪った。でもまあ、今はそれを否定もしないし、フィギュアはおろか缶バッジのひとつだって部屋に飾れない、飾りたくないっていうオタクだっていっぱいいるだろうし、逆に痛バを持った上に高いヒール履いてヘアメイクバッチリ!というオタク見ると本当にすげえな!ってなる。単純に痛バって重くない……?肩こらないの…??って思うんだけどどうなんですかね…

もう色々と話が盛大にそれて(このアンケート一体何だ…?)となりましたが、ご協力いただいた120人のみなさま、本当にありがとうございました!これからも健やかなオタクライフができますことを心よりお祈りしております!!トレーディングで推しが一発で来る呪いをかけておきます!